FC2ブログ

プロフィール

百姓 ジャイコ

Author:百姓 ジャイコ
栃木県の田舎で新規就農し、
できるだけ自然環境を大切に、
身の回りにあるものを活かして
有機農業を営んでいます。
夢は広がる一方ですが、
仕事はなかなか進まない(笑)。
畑の様子や販売などについてはHPをご覧ください。
URL:http://sousainouen.web.fc2.com/index.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東ティモール報告 2017年3~4月

ご無沙汰しました
小野寺さちえ
3月27日~4月9日まで
東ティモールにて活動し
無事に帰国しました



日本から飛行機でシンガポールまで6.5時間
シンガポールから東ティモールまで飛行機で3時間
東ティモール首都から村まで
写真のような崖あり谷ありガタガタ道ありで
四駆の車でやっと行ける道のりを7時間

P1020614.jpg

それでも昨年から始まったこのプロジェクトは
うちのだんなさんが研修した
お隣芳賀町で町の生ごみを集めてたい肥を作っている
ドンカメという会社のボスが
「カンタティモール」という映画をみて感動し
よし、東ティモール支援するぞ!
もと協力隊だから小野寺夫婦も手伝ってくれ!
とはじまり
ドンカメでたい肥作りの研修をしただんなさんと
コスタリカで同じように村の生ごみを集めてたい肥を作っていた私
そして就農してからは
あえて技術を残すために戦後のような稲作をずっと実践し続け
平飼いの養鶏をやっている爽菜農園が

P1020668.jpg

東ティモールでも
有機稲作と平飼い養鶏と
ごみの分別とたい肥化と言う仕事をするという
まるで天命のようなめぐりあわせですので

自分の農園やタノハナ農場だけでも大変なのに
そのほかいろいろ余計なことにも首を突っ込み
町づくりや有機農業の会やボランティアや
とにかく協力隊精神で
世のため人のため自分のために
バタバタしている毎日ながらも
東ティモールプロジェクトにも
全力を注ぎたいと思って頑張っています!!

P1020568.jpg

今回の渡航では
有機稲作活動では
苗作りで一番大切な
塩水選と温湯消毒、それに田んぼの除草機作りなどを中心にやってきましたが

P1020379.jpg

一番うれしかったのは
昨年日本研修に来て
我が家で田植えをやった現地の農民の方が
今年自分の田んぼを
爽菜農園と同じやり方でやりたい!
と、言ってくれたことかなぁ

P1020543.jpg


あえて途上国でも通じるような
機械がなくても手作業や手作りの道具でできる稲作が
現地の人の役に立ち
かつ現地でもこれならできると思ってもらえたことが
なんかとっても嬉しいです

P1020438.jpg

そして養鶏場のほうでも
プロジェクトが入るまでは
ニワトリが死んでばかりだったのに
プロジェクトが始まってからは
ニワトリが死なずに元気に育っていて
きっとそろそろ卵も産み始めるかなという段階

P1020807.jpg

こちらも
現地で調達できる木材などで
止まり木や産卵箱、エサ箱などを作り
風通しを良くしたり
環境をよくしてきて
だんだん成果が表れて見えてきて

P1020848.jpg

向こうにつくまではニワトリ元気かなと心配でしたが
元気に育っていて
ホントよかったです!!

P1020665.jpg

これからは餌も少しでも自給できるように
鶏糞を使ったたい肥などを作って
エサになるトウモロコシを栽培したりと思っていますが
ふとその辺の草むらを見ていたら
見たこともないような巨大カタツムリがいて

P1020801.jpg

こんなのもカルシウム分として
エサになりますし
いろいろおもしろいこともありました

P1020517.jpg

村に塩水選などの講習会に行くと
きっと大変なんだろうに
ニコニコしながら
ごちそうを用意してくださったり
(なかなか受け取ってくれないのですが、
ボスの配慮で材料費をお渡ししていますが)

P1020510.jpg

来客をもてなす文化や
言葉がわからなくても
一生懸命言いたいことを察しようとしてくれる文化など
何となく東ティモールと日本は
似ているところがあります

P1020609.jpg

それとこれまでの3回の渡航で
私も少しずつ東ティモールの言葉テトゥン語を覚えてきて
簡単な会話くらいならできるようになってきたので
これも嬉しいです

P1020241.jpg

そして今回の渡航で
一番びっくりしたことですが
なんと!
サソリに刺されたことです!!!!!

日本人ならみんな
サソリ=死!!!ですよね?!

私も洗面所で洗濯していて
いきなり手に激痛が起きて
でも傷も無ければ血もでなくて腫れもしなくて
何が起きたんだ?!
と思っているうちに
洗濯ものの中からサソリが現れた時は
「死?もしくは泡吹いてぶっ倒れる?!」と思いました!!

でも後で調べたら
死ぬほどの毒性のあるサソリというのは
そうそうめったにいないらしく
日本で言ったら
ムカデとかスズメバチに刺されるくらいの感じのようです
(ムカデとスズメバチに刺されたことないのでわかりませんが)

でもその時はそんなことは知りませんから
パニくりながらも
こんなところで日本のおばさんが
パジャマのままあたまボサボサのまま
ぶっ倒れて運ばれたらちょっとかっこわるいな
なんて冷静な考えも浮かびまして
また
傷も血も出てなくてぶったおれてたら
何が起きたのかわかってもらえないかもとか
サソリの種類がわかれば治療方法もわかりやすいかなとか
いろいろ考えちゃったりもしまして
まずはケータイで生きているサソリを写メって
それからその辺にあったプラスチックのコップで
サソリをつぶして
それから着替えて頭を整えて(笑)
それから
一緒に渡航して別の部屋に泊まっていたドンカメのボスに
「サ、サソリに刺されました~!!」
と、プラスチックのコップにつぶしたサソリを入れて
持って行ったのでした

さてさて途上国ではよくあることでしょうが
幸いにもホテルの目の前に病院があったのですが
行っても医者はいませんでした

サソリの毒は
神経を通して
一度肩のほうまで痛みとしびれが登ってきてから
15分くらいしたら下がっていき
掌の激痛だけが丸一日続き
また血液のほうからも全身に回ったようで
一度フラッとして脂汗が出てきましたが
そのあとは
手の激痛以外は
身体は普通に動けまして

病院で待ってる間に
現地のプロジェクトスタッフが来てくれて
「俺も何度も刺されたことがある」という話から
どうやら死ぬことはなさそうだとわかり

そうしているうちに
やっと看護師さんだけやってきまして
痛み止めを処方してくださり
(看護師さんが薬を処方していいのかという疑問はさておき)
でも
1日3回、1回1錠というその薬は
デカいし強そうだしすごく眠くなるという話なので
ちょっと心配なので
ボスが持ってきたパブロンを飲んだら
激痛が鈍痛くらいに少しおさまったので
一日目はそれで痛みを抑えてました

2日目には痛みもだいぶ治まり
もうパプロンのお世話にならずに済み
しびれは3日目くらいまで残っていましたが
4日目からは普通に戻りました

身体の方は普通に動くので
仕事も普通にしていました

P1020954.jpg

そんなこんなで
今年のトップニュースクラスの衝撃的出来事もありましたが
なんとか無事に帰国できて
無事だったからこそですが
サソリの話も笑い話として良いネタになりますし
最後は首都の伝統的織物のタイス織りという
タイスマーケットで
一人でも買い物できるくらい言葉も話せるようになりましたし
万事めでたしめでたしなのでした

畑のほうも
だんなさんと研修生、もと研修生たちが
とっても頑張ってくれて
思った以上に作業が進んでいて
ホントにありがたい限りです

冬野菜が不作で
今年は4月の定期宅配をお休みさせていただいていますが
ちょっとずつ春のハモノなどが採れ始まり
まだセットを作るほどはないので
今週くらいから
宇都宮のあぜみち直売所上戸祭店に
少しですが野菜や卵を出荷したりしていますが
今年の春は暖かくて
野菜の生育も順調なので
予定通りか予定より少し早く
お野菜の配達も再開できそうです
スポンサーサイト

コメント

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。