プロフィール

百姓 ジャイコ

Author:百姓 ジャイコ
栃木県の田舎で新規就農し、
できるだけ自然環境を大切に、
身の回りにあるものを活かして
有機農業を営んでいます。
夢は広がる一方ですが、
仕事はなかなか進まない(笑)。
畑の様子や販売などについてはHPをご覧ください。
URL:http://sousainouen.web.fc2.com/index.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター

東ティモールドンカメプロジェクト



爽菜農園小野寺さちえ
2月16日~25日にかけて
東ティモールに出張してきました!!

P1050709.jpg

これはJICAの草の根支援事業に
かつて、うちのだんなさんが研修した
「ドンカメ」という
町の生ごみを使ってたい肥を作り
そのたい肥を地元の農家さんに使ってもらい
その農産物を地元の小学校などで給食に使ってもらい、、、
というすばらしい循環の町を作り上げたボスが
「カンタ!ティモール」というドキュメンタリー映画を見て感動し
よし!東ティモール支援するぞ!
と応募して始まった事業です

P1050807.jpg

事業の内容は3本柱
首都から6~7時間かかる町を拠点に
その町のごみを分別してリサイクルする仕組みをつくり
環境教育を根付かせること

その町から車で30分くらいの村の
外国の支援で作られたけど
熱帯なのにコンクリートの空気も通らない暑い鶏舎で
鳥がすぐに死んでしまうという状況を何とかすること

その村からさらに奥に30分くらい行った村で
田んぼに稲の種を直接ばらまいて
草と一緒に伸びた稲を草取しながら間引いているような状況から
有機稲作の技術を確立すること

P1050806.jpg

そしてJICAの事業なので
予算と期限がありますから
この2年で事業はいったん終わりになりますが

P1050685.jpg

ドンカメのボスの力と
微力ながら爽菜農園の
有機稲作と平飼い養鶏と
堆肥の作り方などの技術と
偶然知り合った
同じ栃木県内の青年が
2年間東ティモールでNGO活動していたので
東ティモールの言葉が話せるおかげで
通訳兼コーディネートをしてもらい
みんなの力が合わさって
なんとかほぼミッションは達成されまして
今回は最後の渡航となりました

P1050747.jpg

ホントに初めはどうなる事かと思うくらい
なかなか進まなかったのですが
ドンカメのボスの仕事の進め方は
先の先まで考えて
上手く行かなくても次の手を考えたり
とっても勉強になりました
最後には住民たちは
自らごみの分別やエコステーションの建設などにも
積極的に協力してくれるようになり

P1050769.jpg

国から環境都市の模範として
表彰されるまでになりました!!

記念のトロフィーが
日本人の想像を越えた
リアルなトロフィーでビックリですが笑

P1050782 (2)

そして養鶏場では
通気性の改善や
止まり木や産卵箱、育雛箱など
養鶏に必要な道具や知識を
村の養鶏組合のみんなと一緒に
作ったり学んだりしながら
最後はしっかり
卵を産ませて販売できるまでになりました

P1050534.jpg

P1050524.jpg

最後の渡航では
最終チェックと
今後もしっかり学んだことを続けてもらうために
色々お話をしてきました

P1050557.jpg

稲作の村では
東ティモールから爽菜農園に来た研修員たちが
塩水選、温湯消毒など
基本の種の選別から
手植えの田植えをしたり
稲刈りを学んだりして
しっかり収量を上げることができました

P1050624.jpg

またいつもお邪魔させていただき
稲作に熱心な徳農家さんでは
ご飯などもごちそうになったりして
とってもお世話になりましたが

稲作だけでなく
日本研修で見た養鶏もやってみたいと
村で新たに養鶏組合を作り
ニワトリも飼い始めました

P1050636.jpg

P1050667.jpg

こちらはちゃんと涼しい森の中に鶏舎を建て
始めはやはりいろいろ苦労しましたが
なんとか最後には卵を産ませるところまで行きました

P1050659.jpg

お母さんのお料理はとっても美味しくて
フレンドリーで
最後にはティモールの伝統織物で作った
衣装や布などをいただいてしまいました(涙)

P1050684.jpg

一応今回でこの事業は終了となりますが
ドンカメのボスの考えでは
まだまだこの取り組みはやっと芽を出したばかりで
ここで手を放してしまうと
きっとすぐに元に戻ってしまうので
もう少し手を取りながら
彼らが本当に自立して
ティモール全土のモデルとなれるように持っていきたいそうで
また次年度の
草の根事業に応募するそうです!!

P1050789.jpg

爽菜農園としても
爽菜農園をやりながら
東ティモールを行ったり来たりの2年間は
大変ではありましたが
いつかはまた自分の技術を
途上国で活かせたらと思っていましたし
ボスとの仕事はとっても勉強になりましたし
私としては
たまには家事育児を忘れて
仕事のことだけ考えればよいという状況は
ちょっとリフレッシュな感じもあり
また
ティモールの人や空気や景色もとてもステキですし
また事業が続くのであれば
これからも全力を尽くしていきたいなと思います

P1050703.jpg
スポンサーサイト

テーマ : 田舎暮らし日記
ジャンル : ライフ