プロフィール

百姓 ジャイコ

Author:百姓 ジャイコ
栃木県の田舎で新規就農し、
できるだけ自然環境を大切に、
身の回りにあるものを活かして
有機農業を営んでいます。
夢は広がる一方ですが、
仕事はなかなか進まない(笑)。
畑の様子や販売などについてはHPをご覧ください。
URL:http://sousainouen.web.fc2.com/index.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター

田の草とり



先日みなさんと田植えした田んぼ。
今はこんな感じです。
このあたりの人はみんなゴールデンウィークに植えてしまうので、
そちらの田んぼはすっかり一面緑になっていますが、
こちらはまだまだ。
でも、
みなさんがとても丁寧に植えてくださったので、
かなりしっかりと根付いて、
元気にすくすくと育っています。

DSC01299.jpg

我が家の田んぼにも、
市貝町のシンボル、
タカの仲間のサシバさんがやってきていました!!

DSC01302.jpg

田んぼの道沿いの電柱の上にとまっていたので、
軽トラックの窓からそっと顔を出して、
コンパクトデジカメでも、
こんなに大きく撮れました!!
今までで一番大きく撮れたかも!!
欲を言えば狩りの瞬間なんかも撮りたかったですが、
この後すぐに飛び立ってしまいました!!

DSC01324.jpg

さて、
田植えから2週間以内が草取りの勝負です。
と言うことで、
ちゃんと田植えから10日目くらいに田の草取りに入りました。
遠くから見るとまだまだ田んぼには全然草なんて生えていないように見えますが、
近くで見ると、
小さな草がびっしり生えています。

この小さなうちに浮かせたり埋め込んだりしてしまいます。
田押し車や田こすり機が活躍します!!

この日も研修生君二人と研修生君の奥さんが来てくれましたので、
あっという間に終わることができました!!
ホント助かります!!

この田植え後2週間を逃すと、
暑い夏に田んぼの中で腰を曲げて草取りする羽目になります。
この後また2週間以内にもう一度入れれば完璧ですが、
入れないとしても、
この1回目の草取りでかなり違いが出ます。

DSC01335.jpg

写真よく撮れませんでしたが、
コオイムシです。
小さなタガメと見間違えやすいですね。

DSC01337.jpg

アカハライモリ。
ほかに、カエルがたくさんと、
イトトンボやシオカラトンボ、小さなゲンゴロウなどもたくさんいました!!
ここは本当に自然が豊かで、
心も身体も豊かになりますね~!!

後で聞いた話ですが、
この田の草取りをした数日後くらいに、
先日田植えをした福島から避難されている方の何人かが、
田んぼに草取りに訪れてくださったそうです。
もう私たちが草取りした後だったので、
草がないのを見て、
草取りはせずに帰られたそうですが。

気にかけていただいてうれしいですね♪
と、同時に、
みなさんが気にしているということは、
立派なお米に育てないと、というプレッシャーもあります!!

よ~く管理しないとですね!!

でも、以前はこの田んぼ、
よく水が抜けてしまい、
水が抜けると、草が生える原因の一つでもあったのですが、
コンクリートじゃないしザリガニやモグラが穴をあけるから、
仕方ないよな~と思っていたのですが、
ここ数年はあまり穴が開いて水が抜けるということがなくなってきました。

それで、
以前知り合いの昆虫先生が、
田んぼは毎日よく見まわって、
長年かけて足で土手を踏み固めていくんだよと話していたのを思い出すのです。
だから、
うちのだんなさん、
なるべく毎日田んぼの水が抜けてないか見に行き、
ついでに周りをぐるっと回って土手を歩いてくるんですよね。
そんなことも効果がでているのかな~なんて思います。
スポンサーサイト