プロフィール

百姓 ジャイコ

Author:百姓 ジャイコ
栃木県の田舎で新規就農し、
できるだけ自然環境を大切に、
身の回りにあるものを活かして
有機農業を営んでいます。
夢は広がる一方ですが、
仕事はなかなか進まない(笑)。
畑の様子や販売などについてはHPをご覧ください。
URL:http://sousainouen.web.fc2.com/index.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター

田んぼの草取り



今日は田んぼの草取りをしました~
田んぼの草取りは、田植えしてから、2週間以内が勝負です!!
遠くから見るとまだ全然草が生えていないように見えますが、
近くで見ると、
小さな草がたくさん芽を出しているのです
それを、
田押し車や、田こすり機という、
ちょっと昔の道具を使い、
(でも、田押し車は、最新式?アルミ製のものなど売っていますね)
田んぼの土をかき混ぜて草を埋め込んだり、
草を浮かせたりして、退治してしまいます。
これをもう一度、
さらに2週間以内にやれば、
有機農業的にはほとんど気にならないくらいに、
草がほとんどなくなり、
綺麗な田んぼになりま~す

「有機農業的には」というのは、
所々に草が残っていたりしても、
まあ、多様性ということで、
稲だけでなく、たまには雑草などの草も生えていたりしても、
それにやってくる色々な生き物の住処や食料として、
様々な動植物が入り乱れていたほうが、
稲も全滅しないし、
他の動植物も全滅しないかな~、、、、
という事で、
多少の雑草には目をつぶりますし
害虫も益虫(役にたつ虫)も、
どちらでもない虫もみんな、
ほどほどに食べたり食べられたりして、
田んぼで小さな循環が出来てくれれば、
いいかな~と。

みんながこのくらいの気持ちでいられれば、
普通の農業でも農薬をあまり使わないですむのでしょうけれど、
まぁ、大規模栽培になると、
なかなかそうも言ってなれないのでしょうかねぇ。

大規模栽培も必要かも知れないけれど、
こういう小さな農業も、
結構日本の食や景色や動植物を守っているんじゃないかと思うんですけどねぇ。

みんながもうちょっと農薬や化学肥料の使用を減らして、
政治のほうももうちょっと小さな農業に目を向けてくれたら、
心も身体も日本の景色も守られて、
もうちょっと長持ちするんじゃないかなぁ。
スポンサーサイト

テーマ : 田舎暮らし日記
ジャンル : ライフ