プロフィール

百姓 ジャイコ

Author:百姓 ジャイコ
栃木県の田舎で新規就農し、
できるだけ自然環境を大切に、
身の回りにあるものを活かして
有機農業を営んでいます。
夢は広がる一方ですが、
仕事はなかなか進まない(笑)。
畑の様子や販売などについてはHPをご覧ください。
URL:http://sousainouen.web.fc2.com/index.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター

なるべく自然に産みたくて

朝もやの田んぼも綺麗ですね

tanbo

ところで、
我が家の出産について書いたことなかったですよね。
このブログを見ている人で、
有機農業にしか興味なくて、
出産はどうでもいいよ、という人はどうぞ飛ばしてください

一人目を妊娠した時に、
いろいろ本を読んだりして調べた結果、
なにも異常がなければ、
出来るだけ自然に産みたくて、
また産後すぐに母子別室にさせられたりするのもいやだなーと思って、
いろいろ探してみたところ、
なんと偶然にも、
同じ町内に!自然分娩をしてくださる助産師さんがいらっしゃったのです

retasu

あ、文章だけだと読むのに疲れるので、
時々写真も入れますね!!
これはレタスの植え替え中の写真です。

さて、
それで、その助産師さんですが、
やはり自然分娩というのは初めての妊婦さんには難しいかも?!
という話で、
本当は初産の妊婦さんは受け付けてくれないという話だったのですが、
特に情熱を持って、どうしても自然に産みたい!!
と、言い張ったわけでもなく、
ただただ、特に異常がないなら、
普通に産みたいんですよね~、
くらいでお話をしていたら、
その助産師さん初の!
初産の自然分娩妊婦さんということで、
引き受けてくれたのであります
これ以降、
有機農業友人仲間が、
二人ほど、初産で自然分娩に続きましたが(笑)。


助産師さんというと、
なんだかおばあさんのような人を想像するかも知れませんが、
結構その方は若くて、
お子さんがまだその当時、
高校生とか大学生くらいだったかなー。
年齢は聞いていませんが、
自分の母親よりは若い助産師さんだと思います。

それで、
ハキハキしてて、知識もあり、
相談ごとにも明るく、ハッキリ答えてくださるので、
とてもお話しやすく、
とても信頼できる方です。

mango

あ、これは庭に植えてあるパパイヤの写真です。
収穫まで行き着くかなー??


ところで、
ここはド田舎ですから、
もしも出産途中で異常事態が発生した場合に、
すぐに対処できないと困るという事で、
その助産師さんは、
自宅分娩はやらず、
また助産師さんの家が助産院なわけでもなく、
その助産師さんが時々お手伝いしている
宇都宮の産院のお部屋を借りて産むことになり、
また検診もその宇都宮の産院に通います。

その産院の先生はもうお年なので、
出産はやっておらず、
妊婦さんの検診のみ、また、
普通の産婦人科としての営業のみをしています。

そして、
いざ陣痛が来たら、
助産師さんとその産院で待ち合わせて、
自分のお好みで、
分娩室でも、
その隣の、普通は分娩を待つための畳の部屋でも、
好きなところで出産できます。

異常事態があれば、
隣に住んでいる産婦人科の先生が出てきてくれますし、
なにもなければ、
助産士さんだけで出産を進めてくれます。

一人目の出産の時は、
もう痛くて、自分ではよくわからないうちに、
分娩台にのせられてしまったのですが、
二人目の時は、覚悟も出来ていたので、
とてもリラックスしていて、
畳の部屋で、ゆったりと、
うつ伏せで出産しました。

宇都宮まではだんなさんが車で連れて行ってくれるので、
自然とだんなさんも立ち会う事になり、
実家の母もそう遠くないので、やってきて、
多少なりとも苦しんでいる私の横で、
助産師さんとだんなさんと母で世間話しながらの
出産という感じでした(笑)。

分娩台で仰向けで出産するのって、
先生や助産師さんが、見やすい、やりやすい、ためだけであって、
畳の上(布団の上)で、
うつ伏せとか、横向きとかで出産するのって、
腰の負担が減って、
とてもラクでしたよー

hanabi

ただ、
その産婦人科の病院は、
もう出産をやっていないということで、
泊まるための設備が機能していなくて、
ベッドはあるけど、
食事やシャワーなどの用意をする人もいませんから、
産後すぐ、もしくは一日で退院しなくてはなりません

まあ、どうせ産後なんて寝ているだけだから、
病院にいても、
家にいても変わらないのですが、
とりあえず、
この我が家は、
倉庫をだんなと私と、友人などで改造したもので、
とても狭くて、
ベッドやお風呂などをまたいで歩かないといけないので、
さすがに出産後すぐは辛いかな-ということで、
ここから1時間弱の実家に少しの間お世話になる事になると思います

ちょうど夏休みなので、
子供たちもこのままこの家にいて、
学校の部活やプールに通ってもいいし、
1週間くらいなら、
一緒に実家に来てもいいかなーと、
その時の部活や習い事の予定によって、
臨機応変に対応しようかなと思っています。

私のほうも、
少なくとも1週間、
畑や暑さや出荷や、子供たちの学校の用事の状況を見て、
最高でも2~3週間くらいで、
帰ってこようと思っています。

8月上旬に、
水辺のコンサートというのがあり、
町内の小中学校の合唱や合奏の演奏の発表会が、
役場であるのですが、
今年、娘さんが学校の金管バンド部に入り
(子供の人数が少ないので、中高学年は、
ほとんどみんな入っている状態です)、
また息子君、娘さん共々合唱でも参加するので、
(こちらも人数が少ないので、
我が家の子供たちの通う小学校は全員参加です)、
娘さんが、
ユーフォニュームとか言う、ラッパ系の?
楽器を演奏するらしいので、
それは見たいなーと思っているのですが、、、、

うーん、
時期的に難しいかな~???

bentou

今日はバレー部の大会で、
だんなさんと娘さんは、お弁当持ちで、
宇都宮に行っています。


さてさて、
今週の月曜日の検診のあと、
夕方から30分おきに陣痛が来て、
お、いよいよか!!!!
と、思ったら、
そのまま夜中まで30分おきのままで、
間隔が縮まらず、
眠ってしまったら陣痛がおさまってしまい、
その後は特に強い陣痛もなく、
今に至っています。

予定日は30日、
娘さんは満月の夜、
息子君は台風の夜に産まれたのですが、
次の満月は8月2日、
なので、来週中には産まれてくれるかなーと思っているのですが、、、、、

娘さんは予定日より3週間も遅れたんですよねー。。。。
息子君は予定日ピッタリだったのですが。。。。。
予定日を3週間も遅れても、
胎盤や子宮や胎児の様子を見ながら、
自然に産まれるまで待ってくださったのも、
自然分娩してくださる助産師さんのおかげです


とりあえず、
実家にはパソコンなくて、
またケータイはパケットし放題に契約していなくて、
最低限のメールくらいしか使えないので、
もしも産まれたとしても、
ご報告は少し遅れるかと思いますが、
どうぞ気をながくしてお待ち下さいませ
スポンサーサイト

テーマ : 田舎暮らし日記
ジャンル : ライフ