プロフィール

百姓 ジャイコ

Author:百姓 ジャイコ
栃木県の田舎で新規就農し、
できるだけ自然環境を大切に、
身の回りにあるものを活かして
有機農業を営んでいます。
夢は広がる一方ですが、
仕事はなかなか進まない(笑)。
畑の様子や販売などについてはHPをご覧ください。
URL:http://sousainouen.web.fc2.com/index.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター

なにげない日常

食料があり、ガソリンがあり、水があり、電気があり、
普通に農作業ができる、
何気ない、あたりまえの日常にやっと戻りつつあります。

被災地の方や、
原発周辺の農家の方のことを考えると、
心が痛み、申し訳ないくらいですが、
こんな何気ない日常が本当にありがたく思えます。

この思いを忘れずにいたいです。

配達もなく、
畑仕事に集中できたので、
ずっと気になっていた田んぼの南側の森の木を切りました。
木こり仕事は初めてでしたし、
道具も日曜大工程度のノコギリとナタくらいしかありませんでしたので、
3日かかってやっと綺麗になりました。

ohiru

小さな枝は、
娘の友達が、
「おばあちゃんがお風呂を燃やすのに使うから!」と
喜んでもらっていきました(というか、軽トラックでたっぷり運んであげました)。
やさしい子ですね
うちも薪でわかすお風呂や薪ストーブが欲しいですが、
まだまだそんなぜいたくはできません!
というか、家が狭いので

娘も春休みで退屈していましたが、
田んぼの近くの友達とたくさん遊べてよかったみたいです。

大きな枝、というか丸太(?)は、
後で畑に物置を作るのに使おうかと思っています。
ごちゃごちゃした枝や、
いつも田んぼに落ちて、
田植えの時にみんなの足に刺さって困る栗のイガは、
よく集めて、焚き火代わりに燃やしました。

娘のおしりもよく温まったようです

osiri

放射能については、
有機農業仲間とメールでやり取りしたり、
いろいろな関東の有機農家のブログなどを覗いてみたり、
知人友人などから教えていただいたサイトを見てみたり、、、、
いろいろ調べて考えてはいますが、、、、、

自主的に配達をお休みしている人もいれば、
放射能の量は実際にはほとんど健康に影響がないと判断し、
出荷再開する人もいたり、
いやいや少量でも体内に入ると危険だという意見もあったり、、、、
まだまだ判断の難しいところです。

爽菜農園のお野菜をお届けしている方では、
「大丈夫だから送ってください」「よく洗って食べるから配達してください」という方も多く、
また、有機農家を支えるため!と、
ずいぶん先の分までお野菜の代金をご入金くださった方までいらっしゃり!!!
今でも頭を悩ませてはいますが、
さらによく考えて、もっともっとよく調べて、
これからのことを考えなくてはいけないと、
改めて皆さんの食の一端を担っている責任を強く感じています。



なんか最近マジメでちょっと暗めのお話が多かったので、
最後にニワトリさんで締めましょうか。
爽菜農園の農園だよりをお読みになっている皆様にはおなじみの、
凶暴な雄鶏さんです。
ホントにこんなに攻撃的におそいかかって来るんですよ!!
まるでエリマキトカゲ(古い?!)のように毛を逆立てて襲ってくるのです

ikareruniwatori
スポンサーサイト

テーマ : 田舎暮らし日記
ジャンル : ライフ