プロフィール

百姓 ジャイコ

Author:百姓 ジャイコ
栃木県の田舎で新規就農し、
できるだけ自然環境を大切に、
身の回りにあるものを活かして
有機農業を営んでいます。
夢は広がる一方ですが、
仕事はなかなか進まない(笑)。
畑の様子や販売などについてはHPをご覧ください。
URL:http://sousainouen.web.fc2.com/index.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター

若者自立支援

最近爽菜農園のHPのコラボのページにも載せましたが、
市貝町には若者自立支援のためのNPOの施設があり、
いわゆるニートと呼ばれる若者が3ヶ月の合宿で、
いろいろな会社や工場や農家などを見学したり体験したりして、
社会復帰の勉強をしています。
そして、毎回農作業体験をしに、
その若者やスタッフが爽菜農園にやってきます。

今回は畑仕事もずいぶん少なくなってきたので、
落ち葉集めをしたり堆肥を作ったりと、冬らしい仕事をしました。
「土や野菜に触れるのでなくて、冬はこういう仕事が多いんだよね、悪いねえ」
と言ったら、若者君の一人が、
「農家の冬の仕事ってみんなこんな感じだと思っていたから大丈夫です」といいました。

さてさて、そういわれてみると、
実際にこうしてわざわざ山の落ち葉を集めて堆肥を作っている農家が
日本全国に何軒あるかなあと思うと、
そんなところからもいろいろな話が広がっていくので、
都会の若者と実際の有機農家との交流にも意義があるのではないかしらと、
こうして毎回体験を受け入れているわけでもあります。

その若者の自立支援の団体も、
厚生労働省の事業で成り立っているそうで、
今話題の国の事業仕分けで存続の危機にあるそうです。
今までニートだった若者ですから、
この合宿をしたからと言って、
就職難のこの時代すぐに就職につながるわけではないでしょうから、
「効果」だけを論じられる国の事業ではなかなか評価が得られないそうで、
こんなところにも影響があるのだなあと、
普段はのんびり農作業している爽菜農園も、
他との交流があるといろいろ考えさせられて勉強になります。

今週お野菜をお届けした人たちにも同じ内容のお手紙を同封しましたよ。

otibaatume
スポンサーサイト