プロフィール

百姓 ジャイコ

Author:百姓 ジャイコ
栃木県の田舎で新規就農し、
できるだけ自然環境を大切に、
身の回りにあるものを活かして
有機農業を営んでいます。
夢は広がる一方ですが、
仕事はなかなか進まない(笑)。
畑の様子や販売などについてはHPをご覧ください。
URL:http://sousainouen.web.fc2.com/index.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター

ホームステイを受け入れる

10月の28日(金)から30日(日)までの
二泊三日で
爽菜農園初の
ホームステイ受け入れをしました!!



事の始まりは
青年海外協力隊とちぎOB会の友人から
ホームステイ受け入れてくれないかしら?
とメールが来て
でも
その日は我が家ではたくさん用事があるので
なにもお構いもできないし
用事に付き合ってもらうことになるけど~
と言ったら
それでも全然オーケーよ!
なんて軽く返事が来まして

東南アジア青年の船というもので
300人の東南アジア(日本人も少しいるようです)の若者が
2か月間東南アジアの国々を
5~6か国くらいかな?
船で旅をしながら
各国で2~3日ホームステイしながら
国際交流や若者同士でディスカッションしたりしてきたそうで
最終国の日本でも
各都市に30人くらいずつ分かれて
二人ずつホームステイするそうです

P1000264.jpg

我が家に来たのは
「女子がいい!」という我が家の娘さんのリクエストで
タイ人とフィリピン人の23~24歳くらいの
美人な女の子二人です!!

P1000269.jpg

金曜日の夜に宇都宮で歓迎会をして
そのまま車に乗せて家に連れて行くという日程なのですが
金曜日は野菜の収穫と配達があって
だんなさんは夜まで帰ってこないし
娘さんと息子君と次男君は
5時まで部活や保育所があるし
いつもなら空手が7時半からあるのですが
空手はお休みして
6時半からの歓迎会に少し遅れて
娘さんと息子君と次男君を連れて
急いで宇都宮へ

P1000262.jpg

でもおいしいお料理が食べられて
彼女たちもフレンドリーで美人さんなので
みんなちょっと一安心♪

しかし英語が全然話せず
初めはホント簡単な単語も文章も
出てこなくて
すっごく焦りました!!

そして次の日は
だんなさんは消防があるし
私は宇都宮の県庁前で
食と農のふれあいフェアに出るので
朝6時半出発で
ホームステイの二人と
次男君と
研修生S藤くんと
道の駅で待ち合わせた
ぴーgardenのピアさんと
一路宇都宮へ!!

P1000256.jpg

あとからタノハナの代表の
塙さんもお手伝いに来てくれました!!
ピアさんはオーストリア人なので
ホームステイの二人とは
ペラペラとお話!!
すごいな~

ところがなんと
フィリピン人ってスペイン語が話せるんですね!!
なるべく英語で頑張りましたが
どうしても英語で説明しきれない時とかは
スペイン語で会話できたので
かなり助かりました!!
私のスペイン語もまだまださびれてなくて
ちょっと安心!!

P1000252.jpg

食と農のふれあいフェアには
市貝町のSATOYAMAヘルシーマーケットとして
出店しました!!

ピアさんのジャムやピクルス、ドリンクや
タノハナのお菓子やお餅
爽菜農園の野菜や黒パスタ
おやつ工房ル・プチ・シュブルーズのフランス菓子などを
販売しました!

P1000284.jpg

店番もあったので
ずっとうろうろするわけにはいきませんでしたが
合間に
ホームステイの彼女たちと
あちこちのブースを見たり
彼女たちだけで回ってきたり
栃木県各市町のブースがあったり
おまつりとか太鼓とか餅つきとか
日本らしいイベントもたくさんやっていたので
意外と日本の栃木県を知るには
良かったかも!!

P1000279.jpg

それにしても
彼女たちに言葉の壁もなんのその
一番なじんでいたのは
次男君でしたね~
普通に仲よくしていましたもんね~

P1000296.jpg

食と農のふれあいフェアの時に
彼女たちがたこ焼き食べたいと言っていて
どこかのブースにあるかなと思ったけど
無かったので
帰りにスーパーでタコを買って
夜はやっとホームステイらしく
家族団らんで
たこ焼きパーティーをしました
だんなさんはこの週末消防の大事な行事があり
ほとんど家にいなかったのですが
この夜だけなんとか一緒に過ごせました

もちろんだんなさんは
協力隊でケニアに行っていたので
英語は問題なし!!
う~ん、わたしももう少し英語勉強したほうがいいかな~と
思い直しました!!

P1000299.jpg

最後の日曜日は日曜日で
旦那さんは4時起きで消防へ
私は留守のだんなさんの代わりに
朝8時から自治会の草刈へ
彼女たちも草刈についてくるといったのですが
ちょっとお寝坊して
後から私が用意しておいた
私の作業用のかっぽうぎを来て
やってきました!!
かっぽう着姿の写真を撮り忘れたのが
ヒジョーに残念!!

P1000310.jpg

そしてそのあとすぐに
息子君の空手道場の
一年に一度の
道のボランティアゴミ拾い
小学校の体育館をお借りして空手教室をやっているので
そのお礼にゴミ拾いをしているそうです

空手道場のみなさんも
彼女たちに、とってもフレンドリーに接してくださり
上級生たちが
空手の型を見せてくれたり
一生懸命話しかけてくれたり
なんと
空手の先生も
かつては何度も
東南アジア青年の船のホームステイを受け入れていたことがあった
ということがわかったり
なんだかとっても
楽しく和やかな時間を過ごせました!!

じつは今年空手の役員なのに
あまり準備も手伝えず
彼女たちを1時までに
宇都宮駅の新幹線ホームまで送っていかなくてはならず
片づけもろくにできずに
ホントに申し訳なかったのですが
それなのに
暖かく迎えていただき
ホントにありがたかったです!!

P1000317.jpg

今はネットも充実しているので
彼女たちは事前に栃木県のこと調べてきたらしく
日光とか、いちご狩りとか、岩に囲まれた温泉とかに
じつは行きたかったらしいのですが
でも
事務局の友人が
普段通りでいいよ~と
言ったから予定がいっぱいでも
受け入れたので
ま、日光などには行けませんでしたが
おそらく
かなり濃厚にいろいろな日本人と交流で来て
結果的にはよかったのではないかしら
いや、良かったと思ってもらえたらいいんだけどな~という思いを込めて
新幹線のホームでお別れをしました

はじめまったく英語が出てこなかったけど
3日も一緒にいると
だんだん慣れてくるというか
中学程度の英語くらいなら
なんとか思い出してくるというか
やっぱり話すのが一番身に付きますね!!

いつかウーファー(作業と交換に食事や寝床を提供する制度)
とか受け入れてもいいなかと思っていますが
今の我が家では
毎日子供の学校や保育所、習い事の送り迎えに
土日も練習試合や
地元の用事やなんだかんだと
精いっぱいなので
今はちょっと難しいですが
もう少し落ち着いたら
やっぱり受け入れるの楽しそうだな~なんて思いました

P1000321.jpg

彼女たちに一番なじんでいた次男君は
新幹線をまじかで見られるのが
すっごく楽しみで
でもお昼すぎなので
いつもは保育所でお昼寝している時間なので
眠くて眠くて
彼女たちとの別れを惜しむよりも
一生懸命ぼーっと新幹線を
目に焼き付けていました??
スポンサーサイト

東ティモールへ行きます

12622304_491217317717198_8704019649085327151_o.jpg

少~しずつですが、
やっと春の兆しが見えてきて
少しずつまたパソコンにも向かえそうです。
庭の隅っこではフクジュソウが春を告げています。

12633540_490975724408024_740526024647727942_o.jpg

バレンタインには娘さんと一緒に
ガトーショコラを大量生産しました。
クックパッドで見つけたレシピですが、
簡単ですごくおいしかったです。
最近の娘さんたちと言うのは、
友チョコというのを女子同志で交換するそうで、
女友達のためにたくさんチョコを学校や部活に持って行っていました!



あ、前置きが長かったですが、
題名の内容に入りますと、
昨年から計画し、前調査などをしながら進めていた、
東ティモール支援がいよいよ始まります。
だんなさんの師匠の
町の生ごみを集めてたい肥を作っている会社
ドンカメさんに協力するという感じになります。
旦那さんとともに、私も青年海外協力隊経験者と言うことで、
私もスタッフにしっかり入れられていますが、
まずはいきなりですが、
3月5日~25日の予定で、
旦那さんが、師匠と通訳さんと一緒に、
養鶏の指導に行ってきます。

あ、東ティモール支援の主な目的は、
ゴミの分別と
養鶏技術の向上、
それと環境に配慮した有畜複合農業の技術の普及、
それに町ぐるみでの国際交流ですね。

それで、偶然にもドンカメさんが東ティモール支援を始めようとしていた頃に
知り合った同じ栃木県内のちょっと離れた佐野市と言うところの青年が、
東ティモールでNGO活動をして帰国したばかりと言うことで、
彼にもメンバーに入ってもらい、
主に通訳をしてもらうことになったのですが、
通訳をするには、
ドンカメや爽菜農園の仕事を知ってもらったほうが
向こうの国に行っても説明がしやすいだろうということで、
しばらくの間ドンカメ社員となりつつ、
時々爽菜農園で養鶏について学んだりもしています。

そうそう、
私のほうはおそらくドンカメさんの配慮で、
子供の手が普段よりはかからないだろうということで、
夏休みの8月に東ティモール行きとなっているようです。
私のほうは主にゴミの分別指導などをするようです。
なんだか海外は相当久しぶりですし、
まだ全然実感ありませんし、
甘えん坊の次男君が心配でもありますが、
まあ、なんとかなるでしょうか???

そんなわけで
3月は春の野菜や田んぼの準備など
爽菜農園としてもかなり忙しい時期なのですし、
今年はいろいろ役があって忙しそうですが、
あくまでも爽菜農園は野菜と養鶏とお米少々を中心とした
有機農家としてしっかりやり、
ほかのことが忙しいから
野菜がよく育ちませんでした、
ということにはならないように
しっかりやっていきたいと思います!!

テーマ : 田舎暮らし日記
ジャンル : ライフ

東ティモール報告



いろいろと畑のことや普段のことなど、
アップしたい内容や写真がたまっているのですが、
とりあえずまずは、
だんなさんの東ティモールの報告を。

海のきれいな島国だそうです。
オーストラリアの北側にあり、
インドネシアの島の半分が東ティモールだそうです。
独立したばかりで、
支援慣れもしていないので、
人々はとても素朴で、
森の精霊などを敬ったり、
日本人と通じるような心を持った人たちだそうです。

DSC00376.jpg

いかにも南の島、
という感じですね。
今回は、
JICAの要請に応募するための事前調査です。

DSC00388_20150407132742187.jpg

ゴミを分別して、
生ごみからたい肥を作るという仕事ですので、
市場なども調査。
ゴミの写真なども撮ってきましたが、
せっかくなので、
きれいな市場の写真を載せておきます。
量り売り、いいですね~。

DSC00513.jpg

お魚の市場や、
日本大使館なども訪問し、
大使館からつけていただいた、
通訳とドライバーさんとともに、
目的の村へ。

ほとんどの人が、
現地語のティトゥン語しか話さず、
日本大使館に勤務している現地人の人が、
ティトゥン語から英語に訳し、
英語をうちの旦那さんが日本語に訳して、
それを今回うちの旦那さんを連れて行った、
隣町でたい肥を作っていて、
うちの旦那さんが有機農業の研修をした、
ドンカメという会社の親方が聞くという感じだったそうです。

DSC00494.jpg

いい景色ですね~。
首都から村まで、
車で6時間くらいかかったそうです。
しかも舗装されていないので、
四駆の車でやっとのこと。

DSC00572.jpg

農村では、
日本の農村と同じような風景が。

DSC00567.jpg

代掻きは耕運機で。

DSC00579.jpg

ちょうど通りかかった時に、タイミングよく、
子供たちがやってきて、
田植えを始めたそうです。
ものすごい速さで、
ビックリだったそうですよ。

DSC00556.jpg

こちらも別の場所で、
タイミングよく、
田んぼを見ていたら田んぼの持ち主がやってきて、
稲の指導をちょっとしてきたそうです。
座って稲を持っているのが、
ドンカメの親方さんです。

DSC00510.jpg

市長さんとも記念撮影。

今回は、
ちゃんと1週間で帰国しました。

さて、JICAの応募に受かるかどうかは、
まだわかりませんが、
だんなさんも親方さんも
いい経験をしてきたようです。

テーマ : 田舎暮らし日記
ジャンル : ライフ

ヘルシーマーケット準備と見学者



今日は午前中、
ヘルシーマーケットの準備として、
会場の掃除と、
最終打ち合わせをしました。

DSC00013.jpg

掃除と言っても、
地元の協議会の人たちが適宜草刈などしてくださっているので、
今日は、草刈してそのままになっていた草を集めて、
会場の隅の方に寄せて積んでおいたり、
簡単に会場全体のレイアウトを考えたりというくらいで、
すぐに終わりました。

DSC00012.jpg

後は、
前日に公民館から机や椅子を借りてきて並べたりします。

会場は今紅葉が真っ盛り!!
モミジがとってもきれいです。
ぜひ、当日は会場の山の上の方まで散策して頂いて、
紅葉を堪能して頂きたいです!!

DSC00011.jpg

そして、
今日は爽菜農園に見学者が。
青年海外協力隊のOBで、
以前の研修生コウジくんの同期だそうです。
協力隊員の時には体育隊員だったそうで、
その後は普通に働いていたそうですが、
最近仕事をやめて、
有機農家になりたいそうです。

DSC00015.jpg

今日は朝からヘルシーマーケットの会場準備を手伝ってもらったり、
畑の白菜を全部収穫して、
家の裏のほうの寒さに当たらないところに並べて、
越冬の準備をしたり、
野菜の収穫をしたり、
卵を集めて拭いたり、などなどして頂きました!!

遠方から来て、
遅くまでお手伝いいただきありがとうございました。

市貝町やその周辺には、
たくさんの先輩有機農家さんや、
仲間の有機農家や、
天然酵母のパン屋さんとか、
自分で家を建ててしまう人とか、
面白い人がたくさんいるので、
また、機会がありましたら、ゆっくり遊びに来てくださいね!!

テーマ : 田舎暮らし日記
ジャンル : ライフ

マラウイ写真



だんなさんのマラウイ写真をちょっと紹介します。
と、言っても、
だんなさんに頼まれてパソコンに写真を落としただけで、
まだどんな写真なのか、
私もあまり詳しく聞いていないので、
だいたいの説明だけとなります

P1010830.jpg

これは、建設途中の鶏舎です。
爽菜農園より立派?

P1010871.jpg

こちらはオトナの鶏を導入した鶏舎の中です。
ほかに、ヒナから導入した農家の指導などもしたようです。

P1010901.jpg

現地の子供たちと。
いかにもアフリカ~!!という写真ですね!!

P1010911.jpg

とりあえず今回はこんな感じで。

このアフリカ指導は、
全部で3回あるらしいのですが、
今回が1回目で、
2回目は別の養鶏の指導の人が2~3か月後に行ってくれるそうですが、
もしかしたらまたそのさらに2~3か月後の、
来年の2月か3月あたりにまたマラウイ行きの可能性もあるかも、
だそうです!!