プロフィール

百姓 ジャイコ

Author:百姓 ジャイコ
栃木県の田舎で新規就農し、
できるだけ自然環境を大切に、
身の回りにあるものを活かして
有機農業を営んでいます。
夢は広がる一方ですが、
仕事はなかなか進まない(笑)。
畑の様子や販売などについてはHPをご覧ください。
URL:http://sousainouen.web.fc2.com/index.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター

脱穀完了!!



先週の水曜日に
無事に脱穀が完了しました!!

P1000192.jpg

この日は
今年の研修生Mさんと
昨年の研修生T野君と
3年前の研修生S藤くんと
来月から1か月研修に来るG君と
G君が3か月研修をしている若者自立支援団体スタッフのY井さんが
お手伝いに来てくれました!

P1000195.jpg

だんなさんと二人で脱穀する場合は
脱穀だけで精いっぱいですが
人がいると
脱穀と同時に
おだがけしていた竹の片づけや
ボロボロになって来年使えなさそうな竹もやし
藁を丸ってボッチにするなどの作業が同時にできるので
とっても助かります!!

P1000196.jpg

今年は種もみの選別をかなりきびしくして
稲の仕立ても田んぼでやり
がっしりして立派な苗にしたてたので
大きくてふっくらしたお米が
ここ数年で一番量も質もいいのではないかしら
という感じのできばえです!!

P1000200.jpg

わらボッチがならんで立っている風景
大好きです!!

P1000201.jpg

脱穀はギリギリ夕方でおわったのですが
まだ竹もやしと藁まるきが全部終わらなかったので
また近いうちに最後までやらないとですが
脱穀だけでもその日のうちに全部できて
ホントよかったです
お手伝いいただいたみなさんに感謝感謝です!!

まだこれから茂木町の有機農家の友人と
予定をあわせてもみすりをしていただかないと
新米になりませんが
あと一息で新米が食べられます!!

P1000131.jpg

畑のほうは
今年の猛暑とそのあとの雨や台風続きのために
例年より結構遅れていますが
なんとかキャベツやレタス、ブロッコリー、白菜、小松菜などが
少しずつ育っています

P1000156.jpg

同時にそろそろ夏野菜のあった畑を片づけて
来年の準備もしなくては!!

P1000110.jpg

ところで5月に我が家にやってきた子ねこちゃんたち
生後半年となりました
白い方がオスネコちゃんで

P1000109.jpg

キジトラのほうがメスネコちゃんです!!
スポンサーサイト

テーマ : 田舎暮らし日記
ジャンル : ライフ

稲刈りして、おだがけまで完了しました!!



今年は雨がずっと続いて
なかなか田んぼが乾かずに遅れに遅れましたが
なんとかこの土日でやっと稲刈りが終わりました!

土曜日には2年前の研修生君と
同じ町内で新規就農した仲間と
その仲間の所に見学に来ていた二十歳の男性の
3人のスーパーイケメン君たちがお手伝いをしてくれました!!

DSC03926.jpg

田んぼで食べるお昼ご飯おいしいです♪
2週間くらい前から
町の学童野球チームに入った息子君も
お昼には帰ってきて田んぼでお昼ご飯!
ちょっとぽっちゃりの息子君ですが
数回土日の練習に出ただけで
ベルトの穴が二つも縮まったそうです!!
今まで平日は空手や水泳などやっていましたが
土日はゲームばかりしてダラダラしていましたからね~
これからどれだけひきしまるか楽しみです♪

DSC03961.jpg

土曜日は2枚あるうちの下の田んぼの
約半分まで刈りました
次の日強力助っ人が来る予定なので
多めに残しておきました!

14753234_589130747925854_8534511937543870996_o.jpg

そうそう、
木曜日と金曜日には
おだがけの竹が足りなくなりそうなので
家の下の竹林で竹伐りをしました!!

14608655_589130744592521_2021425679364223521_o.jpg

竹を切りだして
ナタで枝打ちをして
細い枝などを燃やしながらの作業をしていると
冬もちかいな~と思います
研修生Mさんも
竹伐り楽しかったみたいです

竹林も切らないと
イノシシは来るし
道に倒れたり
道や庭などにどんどん侵入してくるし
日陰になるし
いいことはあまりありませんが

ただ切るだけだと
労力と時間がかかるばかりですが
稲を干すとか
支柱にするとか
道具にするなど
なにか目的があってやると
やりがいもあるし
達成感もあります!!

DSC03904.jpg

そんなわけで
新しく切った竹を用意して
強力助っ人がやってくる日曜日
次男君も張り切っています笑

DSC03949.jpg

日曜日は
昨年も田植えと稲刈りにきてくださった
福島の被災地から栃木県の下野市に避難している
あじさいの会の方たち
今年は急に予定が決まったので
7人での参加でしたが
とにかく手際がいいです!!
なにしろもともとは農家の方たちですから!

説明もいらないし
昨年は全部で刈りでしたが
今年はやっと田んぼが乾いてきたので
手押しの稲刈り機バインダーを用意しておいたのですが
余裕で運転して稲刈りしてくれました!!

DSC03947.jpg

そして作業の内容もわかっているので
様子を見て
手が足りないところにさっと入ってくれるのもまたすごいです!!
刈るほうがたくさん進んで来たら
運ぶ人、足を作る人、稲をかける人と
どんどん分業して作業が進んでいく様子は
ホントに勉強になり感心させられます!!

できたらいつも市貝町にいて
いろいろ教えてもらったり
一緒に作業したいくらいです!!

DSC03943.jpg

この日のお昼は
昨年の研修生君が手伝いに来てくれて
羽釜でご飯を炊いてくれて
ロケットストーブで朝のうちに私が作っておいた
すいとんを温めてくれました!!

卒業してからも
いつもいろいろと手伝ってくれる
研修生君たちもホントにありがたいです!!

DSC03957.jpg

この日の炊き加減、サイコー!!でした!
おこげの出来具合も、
炊きあがりも申し分なく
昨年のお米をモミで貯蔵しておいたものなので
新鮮さもまだ残っていて
ホントにおいしかったです!!

DSC03952.jpg

そしていつもお赤飯のおにぎりや
たくさんのおかずを持ってきてくれる
実家の母にも助けてもらいました!!

みなさんホントにありがとうございました!!
天気も良くて気持ちの良い土日に
おかげさまで稲刈りが終わり
ぜんぶはざかけで天日干しすることができました!!

これから2週間くらい干してから
脱穀、もみすりをしてやっと新米となります

田んぼ仕事もあと少し!!
今週からは畑仕事もどんどん進めないとです!!

テーマ : 田舎暮らし日記
ジャンル : ライフ

昔田んぼの仕事



今日は田んぼの代掻きと畔塗をしました
いまどきわざわざ
田んぼに直接種まきする人は
ほとんどいないでしょうし
手作業であぜ塗りする人も
そんなにいないと思いますが
20代で新規就農して
見よう見まねで初めてあぜ塗りした時は
1メートル進むだけでもヘトヘトで
昔の人はいったいどんな体力があったんだろうと
気が遠くなりましたが
毎年やっていて
いよいよ40代になりましたが
今ではだんなさんよりも
20代の研修生よりも
数倍早く綺麗に疲れずにできるようになり
100メートルでも大丈夫です(*^^*)
(あ、だんなさんは、私があぜ塗りしている時に、トラクターかけたりしている事が多いので)

13131405_523863871119209_520891276332269424_o.jpg


何事も積み重ねって
大事だなぁなんて(*^^*)
毎日自家製の有機野菜と米と
卵と鶏肉を食べて
毎日身体をたっぷり動かして
そんな生活ができるって
幸せだなぁ〜なんて
そして
こんな我が家を見て
思い切ってこんな暮らしに
飛び込む研修生や仲間が増えたら
楽しいのになぁ〜と思いながら
こうして発信しています^_^

13086707_523863851119211_2524793323428709221_o.jpg

まだちょっと弱々しいですが、
田んぼに直接種まきして育てている
稲の苗が水面の上に顔を出してきました!

12841287_504889749683288_2639501843385308167_o.jpg

話は変わりますが、
海苔豆(くらかけ豆)と日の丸大豆の炒り豆が
市貝町の道の駅「サシバの里いちかい」の
直売所でも購入いただけるようになりました!
爽菜農園の卵が置いてあるところの上の棚にあります!
市貝町にお越しの際はどうぞお手に取ってみてください♪

テーマ : 田舎暮らし日記
ジャンル : ライフ

稲刈りの様子 2015年秋



9月26日土曜日、
天候にも恵まれ、
無事に稲刈りイベントを開催することができました!!

例年稲刈りの時期と言うのは、
いろいろな秋のイベントが重なる時期で、
なかなか人が集まらず、
全然人がこなくて、
自分たちでボチボチゆっくり稲刈りする時なんかもあるのですが、
今年は、
田植えに来てくれた若者や、
町長さんが連れてきた福島から避難している方たちなど、
田植えしたからには、稲刈りも!
と、楽しみにしてくださっている方が多かったので、
例年になくたくさんの参加者でした!!

DSC_0769.jpg

雨が続いた後だったので、
足元はかなりぬかっていましたが、
それでも人海戦術と言うのはすごいですね!!
昔の人たちが、家族や親せきなど総出で稲刈りしていた頃ってこんな感じだったのかな~、
と、思わせるような、
とにかくたくさん人がいると、
あっという間に稲がどんどん刈り取られていきます!!

そして、初めに段取りを説明しただけで、
あとはいちいち指示しなくても、ちゃんと分業して、
刈る人、縛る人、運ぶ人、足を組む人、稲を干す人と、
テンポよく進んでいきます。
なんとも不思議な集団の力です!!

DSC_0767.jpg

また、稲を干す竹を組むのは、
例年私(さちえ)の仕事で、
これだけは、素人さんに任せると、
後で折れたり倒れたりして、
そうなると、全部の稲をおろして立て直したりしないといけないので、
直すのがものすごく大変なので、
ほかの人には任せないのですが、
今年は、福島で何十年も広大な田んぼをやってきた方などもいらっしゃって、
手植えの田植えや手刈りの稲刈りはほとんどやったことがないとはいえ、
やはりコツをつかむのが早い!!

DSC_0793.jpg

爽菜農園のやり方を説明すると、
あっという間に理解して、
どんどん足を組んでくださいました!!

とにかく刈るのも縛るのも足を組むのも早いです!!
先人に教わることはまだまだたくさんあるなと、
関心と尊敬のまなざしでした!!

DSC_0812.jpg

なんと午前中に2枚ある田んぼのうち、
上の小さな田んぼのほうはすっかり刈り終わり、
下の田んぼにまで仕事は進みました!!

私は稲は一本も刈らず、縛りもせず、
足を少し立てただけで、
お昼の準備や足りないものを家に取りに行ったりだけですみました!!

DSC_0814.jpg

さて、今年のお昼は、
カレーライスにしてみました!!
ロケットストーブを有効利用し、
カレーのほうは、
朝のうちに少し煮込んでおき、
田んぼで仕上げの煮込みを。
お米もロケットストーブを使ってお釜で炊きました!!
こちらは研修生J君の得意分野ですので、
しっかり火おこしや火の管理などしてくれました!!

DSC_0822.jpg

ほかにキュウリの漬物やサツマイモの煮物、
差し入れのお赤飯のおにぎりやコロッケ、
梨なども並び、
豪華でおいしいお昼ご飯となりました!!

DSC_0824.jpg

1升炊いたご飯と、
大きなお鍋二つに作ったカレーが、
ほとんどなくなってしまいました!!
さすが若者パワーです。たくさん食べますね!!

DSC_0855.jpg

お昼には自己紹介タイム。
それと、午後には福島の方々は別の用事があるので、
食後に記念撮影!!

参加してくださった方は、
福島の方たち、
研修生J君の知り合いの、宇都宮大学の先生と生徒たち、
研修生J君の奥さんと、研修生T君、
うちの旦那さんが昨年マラウイで知り合った若者とその仲間たち、
そして同じ町内の有機農業仲間、
午後から来た、研修生J君の友人とさらにその友人、
そしてうちの母と、
合計30人くらいの稲刈りでした!!

DSC_0881.jpg

午前中で帰った方も結構いましたが、
午後も残った人と、後から来た人で続きを!!

DSC_0820.jpg

ほとんど虫取りや土手などで遊んでいた息子君たちも、
少~しだけ手伝ってくれました!!

DSC_0884.jpg

午後は、人数が減ったので、
終わるかな~、終わらないかな~と、
微妙なところでしたが、
後少しで途中で終わるのも何となくもったいないので、
残った人全員で、
気合で最後まで終了!!

DSC_0876.jpg

まさか、一日で全部手刈りで終わるとは思いませんでした!!
本当にありがたいことです!!
もともとあまり収量が多いわけでもなく、
毎年早々と品切れになってしまうお米ですが、
でも、これだけいい仕事をしていただいたのですから、
みなさんに、少しだけでも、
お米でお礼をしなくてはなりませんね!!

IMG_1279.jpg

さて、素人の人が立てると、
何もなくても次の日に折れたり倒れたりしていることがあるのですが、
さすがプロ!!
稲刈りの数日後の夜中に、
ものすごい豪雨と強風の日があったのですが、
見事に一本も折れたり倒れたりしていませんでした!!
パチパチパチパチ~

天候にもよりますが、
2~3週間干して、
それから脱穀、もみすりしてやっと新米になります。

テーマ : 田舎暮らし日記
ジャンル : ライフ

田の草とり



先日みなさんと田植えした田んぼ。
今はこんな感じです。
このあたりの人はみんなゴールデンウィークに植えてしまうので、
そちらの田んぼはすっかり一面緑になっていますが、
こちらはまだまだ。
でも、
みなさんがとても丁寧に植えてくださったので、
かなりしっかりと根付いて、
元気にすくすくと育っています。

DSC01299.jpg

我が家の田んぼにも、
市貝町のシンボル、
タカの仲間のサシバさんがやってきていました!!

DSC01302.jpg

田んぼの道沿いの電柱の上にとまっていたので、
軽トラックの窓からそっと顔を出して、
コンパクトデジカメでも、
こんなに大きく撮れました!!
今までで一番大きく撮れたかも!!
欲を言えば狩りの瞬間なんかも撮りたかったですが、
この後すぐに飛び立ってしまいました!!

DSC01324.jpg

さて、
田植えから2週間以内が草取りの勝負です。
と言うことで、
ちゃんと田植えから10日目くらいに田の草取りに入りました。
遠くから見るとまだまだ田んぼには全然草なんて生えていないように見えますが、
近くで見ると、
小さな草がびっしり生えています。

この小さなうちに浮かせたり埋め込んだりしてしまいます。
田押し車や田こすり機が活躍します!!

この日も研修生君二人と研修生君の奥さんが来てくれましたので、
あっという間に終わることができました!!
ホント助かります!!

この田植え後2週間を逃すと、
暑い夏に田んぼの中で腰を曲げて草取りする羽目になります。
この後また2週間以内にもう一度入れれば完璧ですが、
入れないとしても、
この1回目の草取りでかなり違いが出ます。

DSC01335.jpg

写真よく撮れませんでしたが、
コオイムシです。
小さなタガメと見間違えやすいですね。

DSC01337.jpg

アカハライモリ。
ほかに、カエルがたくさんと、
イトトンボやシオカラトンボ、小さなゲンゴロウなどもたくさんいました!!
ここは本当に自然が豊かで、
心も身体も豊かになりますね~!!

後で聞いた話ですが、
この田の草取りをした数日後くらいに、
先日田植えをした福島から避難されている方の何人かが、
田んぼに草取りに訪れてくださったそうです。
もう私たちが草取りした後だったので、
草がないのを見て、
草取りはせずに帰られたそうですが。

気にかけていただいてうれしいですね♪
と、同時に、
みなさんが気にしているということは、
立派なお米に育てないと、というプレッシャーもあります!!

よ~く管理しないとですね!!

でも、以前はこの田んぼ、
よく水が抜けてしまい、
水が抜けると、草が生える原因の一つでもあったのですが、
コンクリートじゃないしザリガニやモグラが穴をあけるから、
仕方ないよな~と思っていたのですが、
ここ数年はあまり穴が開いて水が抜けるということがなくなってきました。

それで、
以前知り合いの昆虫先生が、
田んぼは毎日よく見まわって、
長年かけて足で土手を踏み固めていくんだよと話していたのを思い出すのです。
だから、
うちのだんなさん、
なるべく毎日田んぼの水が抜けてないか見に行き、
ついでに周りをぐるっと回って土手を歩いてくるんですよね。
そんなことも効果がでているのかな~なんて思います。