プロフィール

百姓 ジャイコ

Author:百姓 ジャイコ
栃木県の田舎で新規就農し、
できるだけ自然環境を大切に、
身の回りにあるものを活かして
有機農業を営んでいます。
夢は広がる一方ですが、
仕事はなかなか進まない(笑)。
畑の様子や販売などについてはHPをご覧ください。
URL:http://sousainouen.web.fc2.com/index.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター

イノシシ捕獲の現場に遭遇!!

さてさて
今年はフェイスブックと共に
インスタグラムとラインもやっていまして
さらに
ブログの更新も頑張ろうと思っていますが、、、
なんとかできるかぎり頑張ってみます!!

先日のことですが

百姓していますと
とにかく家の外にいることが多く
また
あちこちに分散している畑を行き来したり
地域の用事だったり
遠くの地区の人に会う用事だったり
雑用であちこちウロウロしていることも多く

色々なことやモノに遭遇します

季節になれば
市貝町の今や町おこしのシンボルとして
少しずつ名が知れてきた?
自然豊かな里山に飛来する
タカの仲間のサシバに出会うのはしょっ中ですし

今までこの町で出会ったのは
リス、キツネ、タヌキ、イタチ、ハクビシン、
テンだかオコジョだか?

ハクチョウ、ウ、フクロウ、カワセミやジョウビタキ、
キジ、アオバズクなどなど
鳥はあげたらきりがないほど

昆虫もあげたらきりがないほど
オオムラサキやホタル、ミヤマクワガタなどの
レアキャラにも庭とかで出くわしますし

そしてなんと今日は
イノシシ捕獲の現場に出くわしました!!



捕っていたのは
猟友会の方たちですが

1人は近所のおじさまで
以前も我が家にイノシシをプレゼントしてくれた人
(その時は頑張ってさばいてベーコンにしました😅💦)

もう1人は
以前住んでいた地区でとてもお世話になった親方

ちょうどワナにかかったイノシシを
猟銃で仕留めるところでした!

このイノシシは
隣の隣の町役場の方が
引き取りに来ていましたが

近所のおじさま
「また小野寺さんちの近くで捕れたら持ってってやっから~♪」
とおっしゃってくださいました

そのうち
自家用で食べるために
豚を1頭飼いたいと思っているので
練習になるから
イノシシいただけるのはありがたいのですが

イノシシは
いつ捕れるかわからず
突然やってくるので
忙しい出荷日とかだと慌ててしまいますが
まぁそれも
田舎暮らしの醍醐味でしょうか。。。


前置きが長くなりすぎましたが
書きたかったのはここからで

イノシシが
畑や田んぼを荒らす被害が
年々増えていますが
こうして地道に
イノシシを捕獲してくれている方々がいらっしゃるということも
みなさんに知ってほしいな~
ということと

広報とかに
どの辺りでどのくらいイノシシが
捕獲されているかというのを
載せたらいいんじゃないかと
今度役場の人に提案しようと思っています
(おそらく爽菜農園のブログやフェイスブック
見て下さっている役場の方もいるはずだし!!)

そしたらさ
どのあたりにイノシシがいるのか
町民のみんなも用心できるし
猟友会の方たちが
どのくらい頑張っているかもわかるし
そんなにイノシシがたくさん取れるなら
町の特産品としてイノシシ肉の商品開発しよう!
とかの話も盛り上がるんじゃないかな~♪
(個体差があるから放射能検査ちゃんとした上でね!)

ちなみに
今日イノシシを引き取りに来ていた
隣の隣の町役場の方は
町でイノシシ肉の解体所を作ってちゃんと肉として
販売しているそうですよ!

市貝町のイノシシまで
もらっていくんだから
みすみす市貝町がこのチャンスを逃すのは
もったいないよね!

そんなことを思っている間にも
猟友会の方たちは
電話がかかってきて
次のイノシシの捕獲場所へ
移動していきましたとさ
スポンサーサイト

テーマ : 田舎暮らし日記
ジャンル : ライフ

田んぼの生き物観察会 2017年秋

DSC_5298.jpg

今日は
芳賀農業振興事務所主催で
田んぼの生き物観察会を開催しました



今日は田んぼの水を抜くのに合わせて
水路の出口に網を仕掛け
キンブナを捕獲すると同時に
他にもどんな生き物がいるか
観察しようという試みでした!

DSC_5205.jpg

市貝町では
準絶滅危惧種のキンブナを
田んぼで稲と一緒に育て
たくさん増やして
川に放流したり
もしもたくさんたくさん増えたら
昔の様に食べてみたりもしよう
というキンブナプロジェクトが
進行中です!

DSC_5235.jpg

今年は6件の農家の田んぼで
キンブナを増やす挑戦をしました!

DSC_5227.jpg

爽菜農園は
山から流れてくる天水や
周りに農薬を使う田んぼがない
近くに里山があり
水路も昔の土のままという
生き物にとっては
最高の条件に恵まれた場所のため
たくさんたくさんの生き物がいるので
キンブナも食べたり食べられたりして
少ないかなと思われましたが
今日は120匹のキンブナを回収できました!!

DSC_5214.jpg

このキンブナは
いったんプロジェクトの
大きな池に持って行きました!

DSC_5319.jpg


実は数匹
こっそり家の水槽に
入れておいて
また来年田んぼに入れてみようと思いますので
興味がある方は
見に来てね〜笑笑

DSC_5261.jpg

あ、それから稲刈りを
9月30日と10月1日にやります!
昔ながらの手刈りで
竹を組んでハザ掛けにして
天日干しします!
そちらもぜひ
ご参加お待ちしていま〜す

DSC_5306.jpg

でぶちんからの手紙



爽菜農園には
子供たちよりも先に
犬のでぶちん
(通称で、本名はマニ 痩せた大型犬です)と
猫のちびたん
(通称で、本名はサロメ 顔がつぶれててかわいいおデブ猫)
がやってきました

今年で
でぶちん16歳
ちびたん15歳でした

そのでぶちんが9日前に
遠くに旅立ちました
ちびたんはその日まで普通に元気だったのに
次の日急に姿を消しました

偶然にも1週間後見つけたちびたんは
目が真っ白になっていて見えなくなっていて
食欲はあるので
今、少しずつエサと水をあげていますが
たぶんそう長くはなさそうです

就農して17年目の爽菜農園と
ずーっと一緒に歩んできた
わが子たちが
一度にいなくなり

畑も子育ても雑用などなども
とっても忙しいので
普通に過ごしつつも

この約1週間
2人ともいい人生だったのだろうか?
無事に天国に行けたのだろうか?
とずっと考えたりしていて

こうして文章にする気持ちにもなれなくて

今こうして
目が見えなくても元気にいてくれるちびたんに
エサをあげながらできるだけ触れ合いながら

ちょっとずつちょっとずつ
やっとこうして文章にできるようになって

こうして文章にしないと
気持ちが切り替えられないような気がして

重~い内容ですみませんが
この文章にお付き合いいただき
ありがとうございました!!

でぶちんが旅立ってすぐに
軽トラックに乗り込んでふと横を見たら
助手席に黄色い葉っぱが一枚

なんだかでぶちんから
「ありがとう、さようなら」
というお手紙をもらったような気がして
思わず写真に撮りました

田んぼの生き物調べ 2017

爽菜農園では
毎年毎年10年ほど
田んぼの生き物調べを
イベントとして続けていますが

エコ農業とちぎ公開圃場となった今年は
芳賀農業振興事務所主催の
「エコ農業とちぎ田んぼの生き物観察会」
として7月17日に
生き物調べを開催しました!!

DSC_5023.jpg

さすが県が主催と言う事もありまして
なんと参加者は約50人!!
(集合写真を撮るのをすっかり忘れてしまって
ヒジョーに残念!!)

これまた毎年ボランティアで来て下さる
通称かっぱ先生が
今年もやってきて
生き物について
色々と教えてくれました!!

DSC_5025.jpg

かっぱ先生毎年本当にありがとうございます!!

本日田んぼでみつけた生き物は、、、、

タガメ、タイコウチ、コオイムシ、
ホトケドジョウ、ドジョウ、キンブナ、
トウキョウダルマガエル、ニホンアマガエル、
ニホンアカガエル、
マツモムシ、コマツモムシ、
アメリカザリガニ、
コシマゲンゴロウ、ハイイロゲンゴロウ、
シマゲンゴロウ、
アシナガグモ、ナカムラオニグモ、
イネドロオイムシ(イネクビホソハムシ)、
カワニナ、
シオカラトンボ、アジアイトトンボ、
オニヤンマのヤゴ、シオカラトンボのヤゴ、
キリギリス、イナゴなどなどです!!

ホントに少しですが
ちゃんとキンブナも生き延びていましたよ~



今日は栃木県本庁の方にもご参加いただき
8月に予定しているエコ農業ツアーについても
お話しすることができました♪

まだ詳細は決まっていないそうですが
爽菜農園もそのエコ農業ツアーの行程に
入る予定で進めていただいているようで
まあ、入っても入らなくても
環境に配慮した食や農やいろいろな取り組みをめぐる
魅力的なツアーですので
栃木県庁のホームページなどで
要チェックしてみてください!!

テーマ : 田舎暮らし日記
ジャンル : ライフ

ニワトリ解体

今日は約一年ぶりにニワトリの解体をしました。
一昨年引っ越しをして、
昨年から少しニワトリの数を増やしたので、
一年に一度の解体が60羽になるのですが、
60羽をすべて業者さんに解体してもらい、
それをすべて加工やさんでウィンナーにしてもらうと、
膨大な費用が掛かってしまい、
しかも全部売るのは難しいと思われますので、
今年は半分くらいは自分たちで解体して自家用の食糧肉にして、
後の半分くらいをウィンナーにしようかと思います。



あと1週間くらいでだんなさんが東ティモールに行ってしまいますので、
後の解体は帰国後にして、
業者さんに解体に出すのも帰国後にゆっくりあわてずにしようと思います。
ですので、
ウィンナーは4月くらいになると思います。
自家用のお肉のほうは
固くてそのままでは食べられないので、
今年はミンサーと言うミンチの機械を買って、
ひき肉にして食べようとたくらんでいます。
先日米麹から作って味噌を仕込んだのですが、
その時に知り合いにお借りした大豆のミンチ機がとても良くて、
ネットで調べたら、
そのミンチ機でイノシシやシカをミンチにしている人もいるらしく、
これならいけるかなと思い、
奮発して買ってみようと思います!

テーマ : 田舎暮らし日記
ジャンル : ライフ