プロフィール

百姓 ジャイコ

Author:百姓 ジャイコ
栃木県の田舎で新規就農し、
できるだけ自然環境を大切に、
身の回りにあるものを活かして
有機農業を営んでいます。
夢は広がる一方ですが、
仕事はなかなか進まない(笑)。
畑の様子や販売などについてはHPをご覧ください。
URL:http://sousainouen.web.fc2.com/index.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター

有機農業セミナー 味噌作り



2月12日(月)の祝日
この2年間の
市貝町有機農業セミナーの
最後の特別講座として
味噌作りをしました!!

DSC_5747.jpg

以前糀から味噌を作ったこともあるのですが
糀から作ると4日ほどかかってしまうので
今回は
隣町の糀屋さんに
爽菜農園のお米を持って行って
糀にしてもらい準備しておきました

DSC_5751.jpg

大豆も
爽菜農園が農場を管理している
農業生産法人タノハナの大豆を使い
自然栽培のお米と
自然栽培の大豆
そしてタノハナのレストランのほうの
オーナーが
内モンゴルの天然塩を用意してくれて
なんともぜいたくな材料の味噌となりました

aosagi

参加者のうち2人は
セミナーを通じて
自分で昨年栽培してみた大豆を持ち込みでしたが
大豆の味が
色々な品種で違ったり
同じ品種でも畑によって味が違ったり
食べ比べできてよかったです

set-2011-5-13

爽菜農園の研修でも
いつでも畑でも仕分けしながらでも
どんどん野菜を生でかじってもらって
味を覚えてもらっていますが

品種によって
季節によって
畑によって
その年の気候によっても
味は変わるので
それによってお料理の仕方もかわるし
味を知る事って大切かな~と思います

DSC_5757.jpg

前日に洗って水につけておいた大豆を
3時間くらいゆでて
さまして
つぶして
あらかじめ糀と塩を混ぜておいて
つぶした大豆と塩糀を混ぜて
大豆のゆで汁で柔らかさを調整して
団子を作って
タルに詰めていきます

DSC_5761.jpg

糀までできていると
味噌つくりってわりと簡単です
このセミナーを通して
大豆を栽培してくれた人がいてうれしいですが
今度はさらに
自分で味噌つくりまで挑戦してほしいし
きっとみなさん挑戦すると思います♪

DSC_5767.jpg

市貝町や各地に
たくましい百姓が増えていくって
嬉しいことです♪

DSC_5753.jpg

お昼はご飯は各自持ってきてもらいましたが
おかずは
爽菜農園の今年の定番手作りカクテキと
爽菜農園の自然卵の煮卵
野菜たっぷりけんちん汁
実家の母が作ってくれた
栃木のソウルフードしもつかれ
それに
参加者の方が持ってきてくれた
手作りのコンニャクや漬物が
食卓に並びました♪

みんなでワイワイ味噌つくり
とっても楽しかったです♪
スポンサーサイト

テーマ : 田舎暮らし日記
ジャンル : ライフ

有機農業ネットワークとちぎまるまる体験しちゃおうデー



告知をするのを忘れていました!
すみません!!
先日の2月4日は
有機農業ネットワークとちぎの
まるまる一日体験しちゃおうデー★でした!!

26169773_802007573304836_2623482073859879981_n.jpg

爽菜農園小野寺さちえは
当初うたしもんぺの講師をやる予定だったのですが
東ティモール渡航に行く予定が入り
急きょ
うたしもんぺを考えたご本人の
うたし農園のおかあさまに
講師をバトンタッチしまして

でもそしたら
やっぱり東ティモール渡航が伸びまして
代わりに
有機野菜のお料理教室の
補助に入ることになりました♪

27540076_816292095209717_2435263218839185570_n.jpg

お料理を教えてくれたのは

エンゼルクッキングという
お料理教室を
20年以上続けている
五十嵐さんという
普通の主婦の方ですが🍀

「自然療法」という本を書いた
東城百合子先生のもとに通い
毎日の食べものが
自分の身体を作っていると言う事を学び

ダシからきちんとお料理して
野菜の味を十分に活かすお料理方法を教えてくれて
これがまた
目からうろこの発明お料理や
シンプルな味付けで
野菜の甘みやうまみを引き出しているお料理や
きちんと噛んで食べるお料理や
(噛んで唾液を出すことって
消化吸収にとても大切なんだそうです)
シンプルなのに
満足度&満腹度の高いメニューでした🎶

27459909_816292101876383_5182988042032077322_n.jpg

また
普段の食事から気を付けて
病気になりにくい身体づくりを心がけることや
食事を見直すことで
身体の不調を整えたり良くしたりするお手当の方法なども
たくさんたくさん勉強実践されていて
聞くこと聞くことが
「へぇ~、ふう~ん」の連発です!!

皮も根も葉先もぜ~んぶ大切にお料理して食べることで
野菜の命を完全にいただくことになるから
それで初めて人の体も完全に栄養を摂ることができるそうで
サツマイモの端っこや
人参の葉の付け根や
サトイモの皮まで
ぜ~んぶ大切においしく食べる方法も教えてくれます☀️
だからもちろん生ごみもほとんど出ません!!

五十嵐さんのお話は
経験と実践に基づいていて
説得力と魅力にあふれていて
ついつい引き込まれてしまうんですよ~♪

27785864_2442560959302353_773798560_o.jpg

私は
就農する前だから
もう20年くらい前になるでしょうか
一度だけ五十嵐さんのお料理教室に
参加したことあるのですが
五十嵐さんの魅力はずっと忘れたことがなく🌸
かなり久しぶりにお会いして
またまた
魅力にひきこまれました!!

爽菜農園の野菜クズは
ニワトリさんが食べてくれるし
ニワトリさんも喜ぶので
結構大雑把にザクザクと切っては
生ごみを出していましたが

もちろんニワトリさんにも
美味しい野菜を食べて欲しいですが

もうちょっと
五十嵐さんに初めてお会いして
教えていただいた頃のように
野菜に対する自分自身の気持ちを
真面目にまっすぐにして
野菜に対してありがたく思いながら
大切にお料理したいなと改めて思いました!!

27544676_816292098543050_2010121276820650155_n.jpg

そして今回の有機農業ネットワークとちぎのイベントですが
宣伝があまりうまく伝わらなかったのか
どちらかというと有機農家と
その親しい人が多かったのですが
五十嵐さんのお料理教室も
舘野さんの講座とかも
ホントは小さなお子様がいる人とか
食にちょっとでも興味のある人とか
もちろん農にちょっと興味のある人とかの
食や農への興味の入り口のような感じとして
ぜひぜひ来てほしかったです!!

今回はわりと関係者が多かったけれど
それでもかなり楽しくて素敵な内容だったと思うので
また同じようにいろいろ楽しめる機会をもうけたいな~と
思っています

その時は次こそぜひぜひ
たくさんの人に来てほしいな~と思います!!

テーマ : 田舎暮らし日記
ジャンル : ライフ

初めてのテルミン、マトリョミンコンサート



去る1月21日(日)に
初めてのテルミン、マトリョミンコンサートに行ってきました!!

ことの始まりは
昨年の初夏の頃でしょうか
研修生Kさんと元研修生S君と
お昼休みの話題で
なんか変わった楽器やりたいな~なんて話していて
なんとなく検索して
私のハートをつかんだのが
マトリョミンでした!!

26805115_1700530616660202_8827697761532982029_n.jpg

それからなんとか時間を作って
東京へ1回、群馬へ1回
レッスンに行きましたが
それ以上はなかなか行けないので
あとはYou tubeで動画を見たりしながら自主練していたのですが
マトリョミンの動画はそれほど多くなく
その中でも飛びぬけて上手なのが

日本のテルミンの第一人者竹内先生と言う方で
ロシアで発明された世界最古の電子楽器テルミンを
もっと日本で気軽に演奏してもらったり
広まってほしいと思い開発したのが
ロシアの発明楽器をロシアの民芸品に詰め込んでしまった
手を触れずに演奏する不思議可愛い楽器
マトリョミンなのでした!!

23754804_901310113378348_7378590652382805561_n.jpg

ネットで動画のほかいろいろマトリョミンについて調べているうちに
だんだん知ったのが
その竹内先生が
一昨年のクリスマス頃に
脳出血で倒れて
それから1年間リハビリして
1月21日に復活コンサートをするという事でした!!

なかなか東ティモール渡航の日程が決まらずに
コンサート行けるかどうか様子を見ていたのですが
なんとか2週間くらい前に
どうやらティモール渡航とは重ならないとわかり
満席ギリギリ前のセーフでチケットをゲット!!

26993757_1700530649993532_2126264281050583142_n.jpg

ドキドキしながら
初めてのテルミン、マトリョミンコンサートに
初めてsuicaを買って使って
(どんだけ田舎モンなんだ笑)
東京へ行ってきました!!

26904591_1700530619993535_1527471560846717641_n.jpg

コンサートには
群馬のマトリョミンの先生とその生徒さんたちも来ていたのですが

池袋に着いた時に何となくフェイスブックを見たら
先生が銀座のマトリョーシカ専門店にいると書いてあり!!
なんとそんな素敵なお店があるなんて!!

スマホとsuicaを駆使して
なんとが銀座のマトリョーシカ専門店「木の香」さんへ!!

26952164_1703572043022726_9067401378261664088_o.jpg

気絶しそうなほどかわいいマトリョーシカが
壁一面に置いてある中から
厳選して
やはりニワトリさんの描いてあるマトリョーシカは
外せない!と
初めてのマトリョーシカもゲット!!

26994128_1700530666660197_1435485002552071281_n.jpg

コンサートでは
レジェンド竹内先生の演奏のほか
先生の一番弟子さんとのコラボ演奏や
マトリョミンアンサンブルの演奏
そして
マトリョミンを持参した会場のみんなでの
演奏などあり
私も初めて会場でみなさんと一緒に
アンサンブルしました~♪

銀座まで足を延ばしたおかげで
開演ギリギリセーフで会場に入ったので
群馬の先生一行に開演前には会えず
しかし演奏終了後に合流し
一緒にレジェンド竹内先生に
お会いしてお話して
写真まで撮っていただき
まだまだ不自由な右手なのに
マトリョミンの中にサインまでいただいてしまいました!!

26805496_1700530676660196_2321988466152356936_n.jpg

ちなみにどーでもいいことですが
私がいつか上手になってマトリョミンをどこかで演奏できるようになったら
協力隊の時のあだ名だった
ジャイコのイメージで演奏しようかななんて
くだらないことを考えていて笑

この日のコーディネートも
赤いベレー帽に赤いジャンバースカートで
ジャイコをイメージしています笑
またこのベレー帽は
同じ町内のヘルシーマーケット仲間の
手作りリバーシブル帽子Magooさんに
オーダーして作っていただいたものです♪

ジャイコは漫画家を目指していて
そのペンネームが
「クリスチーネ剛田」っていうんですよね~
だから
いつかどこかで
「マトリョミン演奏クリスチーネ剛田」
なんていうのを見たら
それは私の予定です笑笑

テーマ : 田舎暮らし日記
ジャンル : ライフ

雪がいっぱいふりましたね



先日は40年ぶりか?
という大雪の予報でしたが
予想よりは
少しだけ少なかったです。
が、それでもかなりの雪が降りました!!

26805466_808854399286820_6215157648498683034_n.jpg

農家はビニールハウスが雪でつぶれると
時間的にも金額的にも精神的にも
かなり痛いので
とにかくハウスの死守に努めます!!

まず最低限の策として
竹を切ってハウスにつっかえ棒をします

それから
4年くらい前に
昼間だったかな?
雪から突然雨に変わった年があり
それで一気にハウスに積もった雪が重くなり
栃木県で多くのハウスがつぶれたことがあるので

つっかえ棒だけでは安心できないので
できるだけハウスの雪下ろしをします

22540030_808854405953486_2556705550375671298_n.jpg

鳥たちもただならぬ寒さと降雪を感じたのでしょうか
ハウスには避難したハトや小鳥が、、、、

ハウスの雪下ろしは
ハウスの中から
熊手でビニールを優しくトントンとつついて
雪を滑り落とします

雪は午後降り始めましたが
3時に雪下ろしをして
6時にもう一度雪下ろしをした時には
また相当積もっていて
朝まで雪が降る予報だったので
これは9時と12時と3時と
夜中も3時間おきに雪下ろしかな~と
覚悟していたのですが
9時に雪下ろしをした時に
あまりの積雪量で
ハウスの屋根から落ちが雪が
ハウスの両サイドを圧迫し始めたので
両サイドの雪かきもしていたら
11時になってしまったのですが
その頃なんと予報より早く雪がやんできたのです♪

おかげで夜中の雪下ろしはしなくて済みました♪

26814486_808854402620153_8082490832090960128_n.jpg

子供たちは帰宅するなり暗くなってきてても雪遊び
元気ですね~

27329816_1702276403152290_1182085712_o.jpg

次の日はさわやかな晴れ!!
でも気温が低いので
雪はあまり解けませんでした涙

まだまだ雪は積もったままで
畑も田んぼも一面銀世界ですが
来週くらいから少しずつ暖かくなってくるかな~???

踏み込み温床の温度も
ぼちぼち上がり始めていますので
種まき準備もしなくてはならないし
土木建築部も進めないといけないし
雪をかきわけて野菜の出荷もありますし
いろいろやる事ありますので
早く雪が少しでも溶けてくれるといいな~♪

テーマ : 田舎暮らし日記
ジャンル : ライフ

市貝町有機農業セミナー踏み込み温床作り

今日の午後は今年度最後の
市貝町創造雇用促進協議会主催
爽菜農園講師の有機農業セミナーでした!!

踏み込み温床は
やはり不思議な魅力があるようで
今日は
たくさんの参加者でにぎわいました♪



踏み込み温床と言うのは
竹とワラで作った枠に
(竹とワラが無ければ
木材や鉄パイプ、古畳、コンパネなど
手に入るものなんでも有効活用すればいいです)

落ち葉と米ぬか、鶏糞などを
少しずつ枠の中に入れては
水をかけながら
ギュウギュウと踏み込んで
空気の無い嫌気性菌を増やし

それを何段も何段も繰り返し
ひざくらいの高さまで詰め込むと

1週間くらいすると
嫌気性発酵をして
30℃くらいの低温発酵を2か月ほど
続けてくれるので
その暖かさで
春の苗を保温することができ

しかも
山の腐葉土が作られるのと
同じ仕組みを使っているので
今年踏み込んだ落ち葉は
発酵分解して
来年または再来年には
サラサラの腐葉土になり
次に苗を育てるための床土となります

買うものも捨てるものもなく
電気もガスも使わずに
苗を育てるための床土が作れて
苗を保温することもできる
素晴らしい知恵のかたまりなのです

P1050355.jpg

外がどんなに寒くても
温床の上はポカポカしているので
2月からレタスやキャベツなど
3月からはトマトやナス、ピーマンなどの
種蒔きができるので
4~5月頃
暖かくなって春野菜や夏野菜が
霜で枯れない季節には
立派な苗を畑に植え付けることができます♪

9月のセミナーでは
6月に収穫した小麦で小麦粉を作り
簡易ピザ釜を作ってみんなで食べたのですが
その時参加できなかった人のために
今日が最後のセミナーなので
みなさんが集まる頃に合わせて
ピザも焼いておきました♪

P1050346.jpg

こんなにたくさんの
農家の娘さんで
今は農業にはかかわっていないけれど
ちょっと自分の農家のことを考えてみようとか
農家でないけど農業をやりたいとか
新規就農したけれどもっと理解を深めたいとか
農家になるわけではないけれど農業にとても興味がある
とか色々な人が集まってくるなんて

まだまだ日本の農業も捨てたもんじゃありませんね♪

P1050348.jpg

農家でも農家でなくても
農産物は
自分や自分の家族が毎日口にするもの
毎日身体を作っていくものですから
大なり小なり
興味を持ってくれる人が増えるといいですよね♪

テーマ : 田舎暮らし日記
ジャンル : ライフ