プロフィール

百姓 ジャイコ

Author:百姓 ジャイコ
栃木県の田舎で新規就農し、
できるだけ自然環境を大切に、
身の回りにあるものを活かして
有機農業を営んでいます。
夢は広がる一方ですが、
仕事はなかなか進まない(笑)。
畑の様子や販売などについてはHPをご覧ください。
URL:http://sousainouen.web.fc2.com/index.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター

手作りピザ窯と竈



ずっと欲しいな~と思っていた
ピザ窯と竈(かまど)が
なんといきなり突然やってきました!

P1040362.jpg

市貝町の有機農業セミナーが今年で2年目になるのですが
昨年野菜や麦や大豆を栽培して来たけれど
今年はその有効利用も考えてやってみよう
と言うことになりまして

小麦の有効利用と言うことで
ピザ窯からピザまですべて作ってしまおうという企画!!

P1040360.jpg

このピザ窯は
セミナーの事務をしている人が
知り合いから聞いてきたもので
耐火煉瓦と鉄板を積み上げるだけの簡単なもので
だからいつでもどこでもだれでもできるので
セミナーの参加者でも
やりたければ自宅でできるかな~と思い
採用になりました!!

P1040364.jpg

セミナーの当日に
みんなで煉瓦と鉄板を積み上げること
約15分
これでピザ窯が出来ちゃうのです!!

P1040368.jpg

そしてみんなで
3種類の小麦を捏ねて発酵させて
畑の野菜や
事務の人が用意してくれた
チーズやベーコンなどを載せて
みんなで焼いて食べ比べしました~!!

P1040371.jpg

この簡単なピザ窯
実は正確な設計図がまだ手に入っていなくて
(持ち主が旅行中でメールで送れない!)
なので
正面の写真だけを見てなんとか組み上げたので
ちょっと後ろ側が不安でしたが
なんとかちゃんとピザ焼けました!!

これ移動したければ5分で解体できるので
ホント便利です!!
これから活躍してくれそうです!!

21686232_751411935031067_3859997322102109517_n.jpg

そしてなんと続いて
いつもお世話になっている大工さんが
今解体している古民家に
かまどがあって一緒に壊しちゃうのもったいないからいる?
と連絡があり
即答で「いります!」といただくことになり
さっそくかまどがやってきました!!

21558574_751411931697734_8243994166725514392_n.jpg

そしてやってきてすぐに
さっそく羽釜でご飯を炊いてみました!!

かまどってご飯を炊きやすくできているんですかねぇ?
初めて使ったのに
あっという間に上手においしく炊けました!!

そして
いつもより多めにご飯炊いたのに
家族みんなでぺろりと食べてしまいました!!

21559103_751411928364401_5442947013037805455_n.jpg

こちらのかまどもこれから活躍してくれそうです!!

どちらもまだ今のところは
屋根もない外に置いてあるので
しばらくはシートなどで雨よけして
冬になって農作業が少し落ち着いたら
大工さんか知り合いの大工作業が得意な人に
屋根を付けてもらうか
もしくは
ワークショップ形式で
掘立小屋の作り方を教えてもらいたいな~と思っています♪
スポンサーサイト

テーマ : 田舎暮らし日記
ジャンル : ライフ

田んぼの生き物観察会 2017年秋

DSC_5298.jpg

今日は
芳賀農業振興事務所主催で
田んぼの生き物観察会を開催しました



今日は田んぼの水を抜くのに合わせて
水路の出口に網を仕掛け
キンブナを捕獲すると同時に
他にもどんな生き物がいるか
観察しようという試みでした!

DSC_5205.jpg

市貝町では
準絶滅危惧種のキンブナを
田んぼで稲と一緒に育て
たくさん増やして
川に放流したり
もしもたくさんたくさん増えたら
昔の様に食べてみたりもしよう
というキンブナプロジェクトが
進行中です!

DSC_5235.jpg

今年は6件の農家の田んぼで
キンブナを増やす挑戦をしました!

DSC_5227.jpg

爽菜農園は
山から流れてくる天水や
周りに農薬を使う田んぼがない
近くに里山があり
水路も昔の土のままという
生き物にとっては
最高の条件に恵まれた場所のため
たくさんたくさんの生き物がいるので
キンブナも食べたり食べられたりして
少ないかなと思われましたが
今日は120匹のキンブナを回収できました!!

DSC_5214.jpg

このキンブナは
いったんプロジェクトの
大きな池に持って行きました!

DSC_5319.jpg


実は数匹
こっそり家の水槽に
入れておいて
また来年田んぼに入れてみようと思いますので
興味がある方は
見に来てね〜笑笑

DSC_5261.jpg

あ、それから稲刈りを
9月30日と10月1日にやります!
昔ながらの手刈りで
竹を組んでハザ掛けにして
天日干しします!
そちらもぜひ
ご参加お待ちしていま〜す

DSC_5306.jpg

有機JAS認証制度について思う事

この記事もフェイスブックに先に
アップしたものですが
注目度が高かったので
こちらにもアップしま~す!



先週の木曜日
爽菜農園に
有機JAS認証の検査員がきました!

爽菜農園ジャイコも
検査員をしていて
年に5〜10回ほど
あちこちに検査に行きますが

3年前から
ここ市貝町の町長さんが
自然豊かなサシバの里と名乗り
自然環境保護と経済が両立できる町!
というからには
農産物も無農薬を増やさなくてはいかん!
と有機JAS認証を取得する際の
認証料金を補助してくれる制度を
作ってくれて
ぜひ有機JAS認証取得してくださいというので
仕方なく取得しています

有機JAS認証を取得するには
細かいことを言うと色々ありますが
できるだけ簡単に言えば
3年以上無農薬無化学肥料で栽培し
毎年毎年
膨大な栽培履歴や出荷記録を提出し
毎年毎年
畑や倉庫や農機具の検査を受けて
さらに
毎年毎年
10万円程度の検査料金を
払わないといけないのです

毎年10万円が高いか安いかは
人それぞれだと思いますが
自給的生活していて
収入も支出もあまり多く無い
爽菜農園にとっては
目玉が飛び出るような大金です

有機JAS認証制度ができた当初から疑問に思っていますが
例えば
県の減農薬とか特別栽培の認証は
無料で取得できるのに
なぜ国で作った認証制度なのに
農薬も化学肥料も使わずに
頑張っている有機農家が
毎年大変な負担をして
有機認証をとらなくてはならないのか?

何も使っていないということを
証明するのって大変なんですよ〜
結局
作業日誌を見させてもらって
堆肥を作ったとか
または有機肥料を購入したとか
どこにも農薬を撒いた記録が無いとか
そんなのを信じて記録から読み取るしかないんですから!
だったら
農薬や化学肥料を使った人が
使ったものを農産物に明記したほうが
分かりやすいと思うんですよね〜

そしたらさ
キャベツになんとかかんとかという農薬を栽培期間中何月何日にかけて合計20回
なんとかかんとかという化学肥料合計10キロ
ナスに
なんとかかんとかという農薬を2日に1回で収穫前何日までかけた
とか書いてあれば
買う人もちょっと考えて
有機を選ぶ人が増えるような気がするよね😆

農薬を使う農家も
それで売れないなら
だんだん農薬を減らしたりするんじゃないかな~


あくまでも農薬や化学肥料を使う農家さんと
敵対したい訳ではなく
有機JAS認証制度がおかしい!
と言うことを国に言いたいんですからね!

話は戻りますが
だから
爽菜農園のように
決まったお客さんに
野菜セットの宅配をしているような
小中規模の有機農家は
お客さんとの信頼関係で販売しているので
有機JAS認証は必要ないし
逆に認証取得するほうが
負担が増すだけでメリットが全く無い
だから有機JAS農産物が増えないし
もしも有機JAS認証取ったとしても
スーパーなどに卸すとしたら
値段が高くなってしまうのです

あ~
有機JAS認証制度については
いつかは書こうと思っていましたが
絶対長くなるし
これでも書き足りないくらいですが
いい機会なので
ざっと書いてみました

この日はだんなさんと
もと研修生S君が
朝早くから弁当持ちで
人に頼まれて草刈りのお手伝いに出かけました!

米、野菜、卵もちろん自家産です

21231881_744230385749222_5818307519788182583_n.jpg

テーマ : 田舎暮らし日記
ジャンル : ライフ

Jアラートについて思う事



先日の朝早く
突然ケータイの音で目が覚めましたね!!

この夏に
中学3年の娘も
小学6年の息子も
部活引退したのですが

この日は娘さんが
サマーボランティアというもので
学校に行く日だったので
久しぶりに弁当作りをしなくてはならず
ちょうど早く起きる予定だったので
目覚まし代わりになったと言えば
なったのかな~笑

21105679_741215422717385_8047340312178861579_n.jpg

まったく
朝からミサイルの警報やら
ニュースやら
物騒でしたねぇ
ラジオのニュース聴きながら
学校からの連絡メール待ちながら
とりあえず弁当を作ってみました!

学校メールは予想以上に素早く連絡が来て
まずは一時待機してくださいと
その後しばらくしてから
ミサイルは落下したとのことで
慌てず登校してくださいと
連絡きました

21032772_741215426050718_4093573282602686574_n.jpg

どこにいても
ミサイル落ちるときは落ちるでしょうから
何か起こった時でも
震災の時のように
2週間くらい
ガソリンなくてどこにも行けなくても
暮らしていけるくらいの
自給や地域内自給できるようなことを
頭に入れながら
普段通りに生活しておくしかないのかな~と
私は思っています

20993825_741217176050543_6585709353903645722_n.jpg

一番上の写真の
お弁当のお米と野菜と卵は自家製です♪
いただきものの旬の鮎はフライにしました
厚揚げも
いつもニワトリのエサ用に
オカラをいただいている
お豆腐屋さんからのいただきものです
ナスといんげんと厚揚げとしめじをごま油で炒めて
生姜と塩コショウでちょっと濃いめに味付けして
片栗粉でとろみをつけました♪

20993906_741217179383876_2930480007562322567_n.jpg

先日フェイスブックにアップした文章を
ほぼそのままブログにも載せさせていただきました
文章の間の写真は
我が農園のニワトリや苗を守ってくれている
大切なメンバーたちです
5月にご近所さんで産まれて
6月にいただいてきた
メスイヌのクオちゃんも初めはブチャカワだったのですが
最近はすっと痩せて大きくなってきて
かわいらしくなってきました♪

昨年お隣茂木町の人からいただいてきた
オスの白猫チョコマシュマロくんと
メスのキジトラのミルフィーユちゃんも
すっかり貫禄がでてきました笑

でぶちんが遠くに行った後
1週間ほど行方不明で
帰ってきたら目が見えなくなっている感じになってて
目が白濁していたちびたんですが
ネットでいろいろ調べたら
年を取ると内臓が悪くなって目が見えなくなることがあるらしく
カリカリエサが胃に負担なのかな~と思い
ネコ缶に買えてみましたら
なんとまぁ
てきめんに効果がありまして
目もすっかり良くなり
さらに食欲倍増で
朝昼晩ネコ缶1個ずつ食べるので
我が家の家計を圧迫しております笑

テーマ : 田舎暮らし日記
ジャンル : ライフ

爽菜農園 秋のイベントのお知らせ

爽菜農園の秋のイベントを3つお知らせしま~す!

ikimonosirabe3

~田んぼの生き物観察会~
9月10日(土) 10時~12時

自然豊かな里山で
田んぼも生き物を見つけて観察し
みんなで食、農、環境などに
想いを馳せましょう!

またこの日は
田んぼの水を一気に抜き
水路の出口に網を仕掛け
春から育ててきたキンブナが
どのくらいの大きさになったか!
もしくはキンブナが無事に生き残っているか?!
の観察もします!

生き物のことなら何でも知っている
かっぱ先生が来てどんな質問にも答えてくれますよ~!!

参加費無料
集合場所 市貝町の道の駅 サシバの里いちかい まちおこしセンター
集合時間 9時30分
暑いので飲み物や着替え、長靴、帽子、タオルなどご持参ください

こちらのイベントは
芳賀農業振興事務所が主催となりますので
お申し込みはそちらにお願いします
芳賀農業振興事務所 ℡0285-82-3074

DSCF6241.jpg

~秋の里山で稲刈り体験~
9月30日(土)、10月1日(日) 10時~15時

春にみんなで手植えした稲が
立派に実りの秋を迎えました!
あえてトトロの時代のような
昔ながらのやり方で育てたお米です
稲刈りももちろん昔ながらの手刈りで
竹を組んではざかけにして天日干しします

参加費 1人500円(小学生以下無料)
お昼は羽賀までご飯を炊きます
簡単なおかずも用意します
差し入れ大歓迎です!!
帽子、タオル、長靴、着替えなどお持ちください

詳細(と言ってもあまり変わりませんが汗)は
爽菜農園のホームページのイベントページのほうもどうぞご覧下さい
http://sousainouen.web.fc2.com/ivent/index.html

13329522_502610926590682_1438936791687083541_o.jpg

~SATOYAMAヘルシーマーケット~
11月23日(木)10時~14時

市貝町在住や市貝町に縁のある
有機農家や天然酵母のパン屋さん
有機農家の野菜とコラボしたレストラン
自然素材のクラフト作家さん
音楽家さんなどが集い
春と秋にマルシェを開いています
自然豊かな里山でゆっくりのんびり
美味しい楽しい一日をすごしませんか

場所 市貝町 観音山梅の里

テーマ : 田舎暮らし日記
ジャンル : ライフ